12月2日(日)中村敦夫朗読劇「線量計が鳴る」公演のご案内

Share Button

第20回ハカルワカル広場上映会は、中村敦夫さんによる朗読劇「線量計が鳴る」をお届けします。

かつて、木枯し紋次郎を演じて、一世を風靡した中村敦夫さん。今回はライフワークとして、原発で働き、原発事故によりすべてを奪われた、年老いた元原発労働者をモノローグで演じます。

彼は語ります。「右を向けと言われたら右を向き、左と言われれば左を向き、死ねと言われたら死ぬと。俺はもう、そんな日本人にはなりたくねえんだ」

原発の作られた経緯や仕組み、福島事故の実態、また原発を動かしている本当の理由、利潤に群がる「原子力ムラ」の相関図が浮き彫りにされていきます。

ぜひお見逃し無きよう、ご案内申し上げます。

~~記~~

と き:12月2日(日)開場:13:30 開演:14:00

ところ:北野市民センター8階ホール(京王北野駅前徒歩1分、下記チラシ参照)

チケット:前売り 1500円  当日 2000円

(障がいのある方、高校生以下無料)

チケットのお申し込みは   電話(042-686-0820)、

または、メール(hachisoku@gmail.com)でハカルワカル広場へ。

 

詳細は下のチラシをご参照ください。
線量計が鳴るちチラシ

主催:ハカルワカル広場(八王子市民放射能測定室)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です