第三回浜岡原発見学ツアーのご案内(4月16日実施)

Share Button

八王子からわずか160km、世界一危険と言われる中部電力浜岡原子力発電所は、東南海地震の危険性が叫ばれる遠州灘を背に、砂岩層の上にまさに砂上の楼閣のように建っています。その敷地内には縦横に活断層が走り、6564体にも及ぶ使用済み核燃料棒も保管されています。
ハカルワカル広場では、昨年一昨年と2回にわたり浜岡原発を見学して、その危険性を実感すると共に、現地で反対運動をしている方々との交流を深めてきました。事故が起これば、被害当事者にもなる私たちに今何ができるのか、地元の方々と情報を交換しながら、連携を深めたいと考えています。
また今回は、原発から数分のところにある、遠州七不思議の一つで竜神伝説などでも知られる『桜ケ池』を訪ね、地域の歴史にもふれる予定です。
たくさんの皆さんの申し込みをお待ちしています。

日時:4月16日(日)
集合 午前8時(八王子駅南口みずほ銀行前)
解散 午後7時(八王子駅南口)予定
見学予定場所:浜岡原発PR館・5号機周辺・桜が池歴史資料センター
現地案内:伊藤実さん・眞砂子さん他数名
参加費用:5000円~6000円(参加者数による) 高校生以下3000円 未就学児無料

*なお、参加人数が少ない場合は、バスではなく他の方法でいくこともありますので、ご承知ください。

第1次締め切り:3月15日(水)

最終締め切り:3月31日(金)

浜岡原発見学ツアーの申し込みは締め切りました。

*申し込みは下記ホームページの申し込みフォーム、電話、メールにてお願いします。

ホームページ上での申し込みページは、こちら

電話・・・042-686-0820 (火~金 午前10時~午後3時)

メール::hachisoku@gmail.com

第三回浜岡原発見学ツアーのご案内(4月16日実施)” への2件のコメント

  1. バスの中で配ったクイズを解答を含めて公開します。
    http://hachisoku.org/blog/wp-content/uploads/2017/04/hamaoka_tour_2017_quizes.pdf

    バスで配った紙では最後の問題が
    「準」を「純」に誤変換していたのでちょっと誤解があったかもしれません。「純」を「準」に変えたところで国産エネルギーとはどう解釈しても言えないですね。

    このクイズを改変して再利用することは、利用者の責任でご自由にどうぞ。問い合わせは不要です。

  2. 4月16日(日)の浜岡原発見学ツアーはとても実りが多く、好評でした。世界で一番危険な原発と言われる浜岡原発を実際に見て、参加者の方はそのことを実感されたようです。東海地震の震源地の上に立ち、東京からわずか160キロ。ここで事故が起これば、東京は住めなくなるほどの被害を受ける。東京に住む私たちはまさに当事者。そして、地元で困難な反対運動をされている方たちと交流ができ、いろいろな事実を聞くことができた。9000体にも及ぶ使用済み核燃料を保有する浜岡。絶対に再稼働を許してはならない、と改めて感じた。
     このツアーが可能なのは地元で反対運動をされている伊藤実・眞砂子ご夫妻をはじめとする方たちのおかげで、どんなに感謝しても感謝しきれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です