ハカルワカル映画会 「放射能を浴びたX年後」アンケートまとめ

ハカルワカル映画会 「放射能を浴びたX年後」アンケートまとめ

「放射線を浴びたX年後」はお陰様で好評でした。アンケートの主なご意見、結果を次にまとめました。これからの映画会(学習会)の指針としたいと思います。ご協力ありがとうございました。

 

集計結果(回収168)

 

1)この映画会をどのようにしてお知りになりましたか。

1

会員

41

2

ホームページ

6

3

新聞・メディア

9

4

友人・知人から

71

5

折り込み広告

21

6

その他

25

2)映画の感想はいかがですか?

1

とてもよかった

157

2

まあまあ

6

3

たいしたことはなかった

0

4

具体的な感想

73

3)ハカルワカルの次回以降の映画会でどのようなものをご希望でしょうか

1

原発関係のドキュメンタリー映画

105

2

原発関係のフィクション映画

26

3

公開上映されていない埋もれた作品

68

4

自然エネルギー関連の映画

46

5

その他、具体的にあれば

16

4)今日の学習会はいかがでしたか。

1

非常にわかりやすくためになった

122

2

まあまあ

21

3

わかりにくい。もっと易しく説明してほしい。

0

4

その他のご意見

35

 

 

映画の主な感想

Ÿ   多くの漁民が被爆していたことを初めて知った。核実験後の放射線量のデータをアメリカがしっかり観測していること。

Ÿ   ビキニといえば第五福竜丸だけだと思っていたが992もの船が廃船になったり、日米の秘密文書があったり、知らないことばかりでした。核実験が105日もあったとは日本全体が死の灰におおわれていたとは・・・

Ÿ   すべての国民特に政治家が見るべき映画だと思います。きょう3月1日に見られたことは意味があったと思います。補償、アメリカとの交渉も公表し・・・と腹の立つことばかりです。山下先生に頭が下がります。

Ÿ   ポレポレ東中野でも見ました。もう一度見たいと思っていました。高知高校生平和ゼミナールの出身です。山下先生のことが大好きでした。大人になった今でも「真実を見抜く目」を教えてもらったこと感謝しています。赤親のもとで育ったことを実感。赤い子の子としてもっと成長しなければ・・・す。

Ÿ   いつの時代も弱い者が被害を受けるとの言葉が印象的だった。まったくその通りだと思いました。

Ÿ   核実験国アメリカの怖さ、被爆した第五福竜丸及びその他の乗組員たちの悲惨さなど改めてよくわかりました。映画の中で崎山さんの妻が話していた“弱い者にしわよせがいくのは昔も今も変わらない”とおっしゃっていたのが印象的でした。弱い者へのしわよせばかりの世の中ではよくないと思います。何が自分たちでできるか考えていきたいです。

Ÿ   1931年生まれなので当時の出来事はありありと思い出されます。1955年“原爆許すまじ”の歌を全国にひろめる活動をしました。又、1955年ワルシャワ青年祭に参加し8/6には7ヶ国で原爆許すまじを歌いました。

Ÿ   日本政府の曖昧さ、無力がなさけないです。福島の汚染についてのデータも知りたいと思います。ありがとうございました。

Ÿ   X年後の意味がよくわかりました

 

 

学習会の主な感想

Ÿ   映画と連携しての説明が良かった

Ÿ   福島原発の爆発の大きさをあらためて数値でたしかめられた

Ÿ   映画会のために本当に地道な努力でひろげられごくろうさまでした。地道な努力をつづけることはなかなか大変なことです。でもそれこそが未来へつながる道だと思います。

Ÿ   歴史的な経過と3.11事態とのつなげ方が意図されていることが明瞭だった。時間がないので何故こうなったかについての言及が足りなかった。

Ÿ   放射能って何?初歩的ですがその辺りをもう少し説明があるといい。原発事故の放射能と核実験の放射能って同じ?放射能の種類とか、基本的に知らないので。

Ÿ   毎月やっている勉強会も参加してみたい。テーマ等をおしえてもらえるともっと参加しやすいと思う。

Ÿ   セシウム137の降下物の量のグラフ。Cs137と134の汚染の比較よくわかりました。

Ÿ   一方的に何かを教えてくれるのでなく、自分で勉強するコツを教えて頂いて有難かった。

核実験を多く行っていた時代より今は少ないという報道はデタラメだという事を知れて良

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です