2019年総会のご案内 2019年6月1日(土)10時~12時

引用

Share Button

ハカルワカル広場の2019年総会を6月1日(土)10時~12時に開催いたします。

 お陰様でハカルワカル広場は2012年1月に開設して以来7年間活動を続けてこれました。これも皆様のご理解とご支援があってこそと感謝いたしております。福島原発事故の引き起こした汚染、被害はまだまだ収束していません。私たちの活動はこれからも続けねばと思っております。2018年の活動報告と決算報告、2019年度の活動方針と予算などの検討を予定しております。1時間程度で総会を終えたのち、今後の活動をさらに活発にするため、意見交換会も予定しております。会員の皆さまのご参加をお願いするとともに、会員以外の方のご参加も自由ですので、奮ってご参加ください(ただし、議決権は会員のみとさせていただきます)。

2019年5月 

ハカルワカル広場

「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に参加して

Share Button

八王子平和・原爆資料館共同代表 上田紘治

はじめに

昨年5月8日から8月21日までの106日間「ピースボートおりづるプロジェクト」に参加しました。主な役目は、寄港地で各国の政府機関に働きかけ核兵器禁止条約に署名、批准を要請し、2020年までに世界で数億集め、国連に提出する「ヒバクシャ国際署名」の協力を得ることです。11年目の「おりづるプロジェクト」今回の参加者は3歳被爆の私、1歳被爆の長崎女性、広島被爆2世の男性3名で、原爆の記憶のない世代です。

一昨年の7月7日、国連で122ヵ国の多数で核兵器禁止条約が採択され、10月ICANのノーベル平和賞受賞は、今回のプロジェクトの大きな後押しでした。それは、ギリシャではチプロス首相やアイスランド、パナマでは外務大臣、フランスやデンマークでは国会議員、シンガポール・コロンボでは政府高官などの方と面談、民間外交では考えられない方たちに直接、訴え要請できたことです。

船は22ヵ国25ヵ所寄港し、「証言」は15ヵ国18都市、船内でもカナダ・ハリファックスで議員・ジャーナリストの方たち、又、国連で決めた持続可能な開発目標(SDGs)のメンバーや各国から集まったオーシャンユースなどの方たちとも交流をしました。

アジア、ヨーロッパ、北欧

対応する政府高官は個人的には平和への思いは一致しますが、国としての対応は異なりました。NATO(北大西洋条約機構)やNPT(核不拡散条約)、対米、対日を意識し、ハードルは高く感じました。改めて軍事同盟の役割は何かを考えさせられました。

スウェーデン・ストックホルムでIPPNW(核戦争防止国際医師会議)の方は「9条は大丈夫か」と質問。スウェーデンは1998年に誕生した「新アジェンダ連合」に加盟し、ノルウェーやフィンランドなどと積極的に平和活動をしていましたが、政権が交代し脱会しています。復帰の可能性は限りなく「NO」とのこと、アフリカやシリアなどから増え続ける移民や難民問題が大きな社会問題となり、国民の意識が保守的になっているように感じられました。

イタリアは核兵器禁止条約を全国の各自治体が国に対して「批准せよ」と決議を上げる運動をし、教会の施設に200名くらい集まった皆さんの前で被爆体験を話しました。

イタリア 州都カリアリにて被爆体験を話す
上田さん(中央)

リスボンから3泊4日ほど船を離れ、フランス・パリでは平和市長会議の方や、3つの政党会派の上院議員と懇談や記者会見しましたが、面談後、国会図書館に案内され、ナポレオンのイニシャルが入った椅子、フランス最初の憲法などが豪華で贅沢な内装を施された室内に、膨大な量の図書と共に展示、保管されていました。 デンマーク・コペンハーゲンでは外交委員会の国会議員の方たちに「証言」と交流、同席した野党で緑の党の方は私たちの意向に沿った発言でした。

ハリファックス、NY、シアトル

カナダ・ハリファックスでは船内に議員やジャーナリスト、外務省の事務官などの方たちを招いて「証言」と交流を実施しました。

NYでは国連に出向きメキシコとオーストリア国連大使と面談、両国は核兵器禁止条約の採択に向けて重要な役割を果たした国です。

シアトルではどこまでもの荒野を、猛スピードで3時間かけて駆け抜け、戦時中プルトニウムを製造し(これが長崎に投下された)、今は博物館になっているハンフォード原子炉を見学し職員の方と交流しました。被爆者の訪問に不安があったそうですが、理解し合ったことに安堵したとの発言がありました。

ハンフォード原子炉から約30㎞風下の被曝者の男性との交流では、731部隊の石井四朗が来たこと、クリントン大統領時代、ご自身も含め付近の住民から発病や奇形児が生まれ、被曝被害を償えと体制側からの嫌がらせを跳ね除け、一人、法廷で勝訴、1000ドルの補償を得た。しかし、それ以外何もないと話されました。広大な土地入植の条件は、第2次世界大戦で活躍した若い兵士夫婦で、幼子がいる家庭です。国は被曝することを見通して、住まわせたと思わざるを得ません。全米で数百万人の被曝者がいると話されました。

キューバ、パナマ、コスタリカなどの中南米

中南米各国は私たちの思いと全く一致し、政府関係者、大学や市民団体、自治組織など各地で大歓迎でした。国営・民間TVや新聞社、ラジオなどの取材も沢山受けました。

チェ・ゲバラとカストロがアメリカの不当な干渉から、革命を成功に導いた国キューバ、核兵器禁止条約をまとめたホワイト議長で軍隊のない国コスタリカ、核兵器のない世界を主張し続けるメキシコ、コーヒーが世界で一番おいしいと主張するコロンビア、大西洋と太平洋で海面差27m、運河の収益が国益の大半、核兵器禁止条約の批准を言明したパナマ・・自らの力で独立を勝ち取った国々は魅力一杯です。女性の活躍も共通で、コスタリカでは議員の40%以上が女性と法で定め、男社会日本との落差を実感です。

貴重な体験を今後に生かす

ヨーロッパで先進国と言われる国々は、核兵器禁止条約の批准には消極的で中南米は積極的です。真の先進国とは経済面と平和問題がそろってこそと感じました。

核兵器禁止条約署名国は現在、70ヵ国、23ヵ国が批准です(2019年4月11日、新たにパナマが批准)。50ヵ国が批准すれば90日後、国際法として効力を発揮します。いよいよ、核兵器は「悪魔」のレッテルを貼られる時代、人類史でも画期的な局面に生きていると思っています。

船には船長と400名のスタッフに国内外から約1000名の乗客。「ヒバクシャ国際署名」を700筆近く船内で集めました。

憲法9条を持つ戦争被爆国日本に、核兵器禁止条約に積極的に取り組む政府を一日でも早く実現するよう、残り少なくなった人生、被爆者の一人として尽力したく思っています。

(編集部注:批准国は☆オーストリア、☆クック諸島、☆コスタリカ、☆キューバ、☆エルサルバドル、☆ガンビア、 ☆ガイアナ、☆バチカン市国、☆メキシコ、☆ニュージーランド、☆ニカラグア、☆パラオ、☆パレスチナ、☆パナマ、 ☆セントルシア、☆サモア、☆サンマリノ、☆南アフリカ、☆タイ、☆ウルグアイ、☆ヴァヌアツ、☆ベネズエラ、☆ベトナム)

3ヶ月間の測定結果は、館町Eのゼオライト測定値がトップ

Share Button

二宮 志郎

リストのトップは館町Eゼオライト

この3ヶ月間の測定結果リストを見れば、館町Eのゼオライト測定値がトップの2つのポジションを占めています。ゼオライト測定は、ゼオライトを交換しない限り積算値が出てくるので2月に測って高かったら4月も高いのは当然で、何も驚くようなことではありません。たまたま、この3ヶ月間に他に高い測定値が出るような検体がなかったことを示しています。

ゼオライトの場合、その変化値に注目することが重要になります。


縦軸:Cs137検出値(Bq/kg)、横軸:測定年月
不検出は点を表示させるために5Bq/kgに置き換えている。

上のグラフは、約1年分の同じ館町の5測定点の検出値の変化を示しています。(1年間に5回もの測定をしてくれていることに大変感謝、貴重なデータになっています。)これを見れば、この5箇所では、この1年間に有意な変化がなく、Cs137の降下がほとんどないことがわかります。館町Eは、開始時点の初期値が高かっただけで、他の地点との違いは観察できません。

前年との違い

同じ館町の5箇所について、その前年の2017年の検出値を同様のグラフで示します。館町A〜Dは同様にほとんど検出されていませんが、館町Eは測定毎に検出されており、積算値は直線に近いような形で右肩上がりになっています。

2017年の館町Eだけ検出の謎

2つの謎があります。「同じ館町5箇所の測定点で、館町Eだけが検出されたのはなぜ」、「館町Eは2017年に検出されていたのに、2018年には止まっているのはなぜ」。

雨樋下のゼオライトにCs137が吸着される道筋には、右図の様な2種類が考えられれます。私は、再浮遊粒子はそれほど微細ではなくて屋根に直接固着する分の寄与が大きいと考えているのですが、そうであれば屋根の向きや材質が測定結果に影響してきます。近所の測定でも検出される値に大きな違いが出ることは、これである程度説明することはできるのですが、「1年たつと急に出なくなる」ということは説明できません。



「放射能の再浮遊は年数経過とともに減少する」ということは、考えられますが、急になくなるというような現象にはならないはずです。「土が表面に露出していた地表面が、工事などにより露出しない様に変化した」、あるいは「土を舞い上がらすような近所の工事が終了した」というようなことは推測できますが、実際どうなのかはわかっていません。

ゼオライト測定に参加されている方、謎に思われる現象に出会ったら、是非ご自分でも謎解きにチャレンジしてみてください。測定場所とその周囲に注意深い観察を行うことが謎解きの鍵を与えてくれるはずです。

たまあじさいの会の総会に参加してきました。

Share Button

5月18日(土)東青梅で、たまあじさいの会の総会があり、二宮さんが『ゼオライト測定で見えた、再浮遊再降下について』という題で講演されました。ハカルワカル応援団の西田さん、鈴木さん、ガンジーさん、石井さん、そして鵜飼の5人も参加し、ゼオライト測定の重要性を改めて実感してきました。

二宮さんが講演で使われたパワポは、以下のリンクです。

https://docs.google.com/presentation/d/1ZKsKWiaqOiUoLzYNGrx44Sa_pirAeIEZTh4eDWcMVI8/edit?usp=sharing

第21回ハカルワカル広場映画会 祝福(いのり)の海

Share Button

監督 東条雅之  ドキュメンタリー映画 

色とりどりのいのちが暮らすこの地球(ほし)で
いのちが喜ぶ暮らしとは? 世界とは?
平和を求める旅の中で、出会った人たちの
暮らしや言葉が紡がれて
ドキュメンタリー映画となった

今、母なる地球とすべてのいのちと繋がりを取り戻すために
3.11以降の生き方のヒントがここにある

「見て」「聞いて」「感じて」!
5月11日(土)お茶会 ハカルワカル広場にて上映します。
参加費は500円です。どうぞご参加ください。

2019/04/09
ハカルワカル広場

4月30日(火)は閉室いたします

Share Button

4月27日(土)~5月6日(月)は連休となりますので、4月30日(火)は閉室とさせていただきます。ご了承くださいませ。

ハカルワカル広場

2019.4.5

ありがとうございました! 請願結果のご報告

Share Button

賛同署名にご協力くださった皆様

まず、賛同署名の総計は1627筆でした! わずか1か月足らずの短期間にこれだけの署名が集められたこと、ひとえに皆様の温かいご協力のお陰です! 心より感謝いたします!本当にありがとうございました!(速達を含む郵送や、持参で、続々と毎日送ってくださいました!温かいコメントも添えられていました!)

そして、請願を2月19日に提出し、第一次賛同署名を3月1日に(584筆)、追加署名を3月14日に(1043筆)提出しました。

そして、昨日3月15日、八王子市議会の厚生委員会にて審議されました。「安定ヨウ素剤を全市民に配布してください」という請願でしたが、審議の結果、不採択でした。議員から、「請願の趣旨は理解できるが反対です」と理解に苦しむ意見陳述がされました。自民、公明、市民クラブの5名が反対、ネット、共産党の2名が賛成でした。

甲状腺がんの予防薬としての安定ヨウ素剤は副作用がほとんどなく、また非常に安価(1錠5円で大人〈13歳以上〉で2錠、子供〈13歳以下~3歳で〉1錠服用する)です。子どもの命を守るための請願に超党派での採択がなされなかったことは本当に残念でした。

反対理由は明確ではありませんが、「国の指針を超えることはできない」ということもあるかと思います。市の見解を求められると、市の保健課長が「国の指針では、5キロ圏内に配布し、30キロ圏内は自治体に備蓄、である。また服用は国の指示を受けて飲む」と答弁しました。

私達は、国の指示を受けるのを待つのでは間に合わなかったことを福島原発事故で学びました。それ故、個々人が携帯し(幼児以外は)、事故があったら自分の判断で飲むことをお勧めしています。当然、市にはそのように提案しています。

今回の請願で反省すべき点も多々ありました。署名を集める期間が短かったこと(せめて3か月、半年にすべきでした)、会員さんを中心に集めさせてもらいましたが、各自でダウンロード、印刷までお願いしたこと、それ故郵送までお願いしたことなど、ご負担をおかけしたことです。

また、署名を集める過程で気づいた良い点もありました。署名をしてもらうときに、「なぜヨウ素剤が必要か」の話から「原発があるからだ」となり、「命を危険にさらす原発より、自然エネルギーがよい」という話にもなる。そういう話のきっかけにもなる署名活動でした。また、生協をはじめとする多様な市民団体の方々とも連携を深めることができました。

私達が初めて取り組んだ請願でしたが、反省すべき課題と取り組むべき方向も見えてきました。そして何よりもハカルワカル広場が会員の皆さまの温かいご協力・ご支援で成り立っていると再認識できたことでした。

残念な結果でしたが、ご協力ありがとうございました!これからもハカルワカル広場は脱原発を目指し、活動を続けて参ります。今後ともご支援ご協力をよろしくお願い致します!

ご報告まで

ハカルワカル広場

共同代表・西田照子

2019.3.16

4月6日(土)ハカルワカル広場お茶会「微量放射能の危険性」1ミリシーベルトを巡って

Share Button

今さら聞けない放射能の話を、教えて!二宮さん、一緒に考えましょう。
是非ご参加下さい。お待ちしています。

2019.03.12
ハカルワカル広場

「安定ヨウ素剤を全市民へ配布してください」の請願を八王子市へ出しました。
賛同署名をお願いします!

Share Button

皆さま

第一次締切で580筆の賛同署名を頂きました。本当にありがとうございました。

最終締切は 3月13日(水)です。どうぞ 「安定ヨウ素剤の全市民への配布を求める」請願にご賛同の署名をお願いいたします! 下記でダウンロードできます。

 2月19日、八王子市議会に「安定ヨウ素剤の全市民への配布を求める」請願を提出しました。請願者はハカルワカル広場です。安定ヨウ素剤は甲状腺がんの予防をするもので、日本のように原発を推進している国では配布は不可欠と思われます。現にヨーロッパでは国が支給しています。本来なら、原発を止め、ヨウ素剤を配布しなくて済むことが理想ですが、現実は原発が稼働しています。

「子どもたちを放射能から守りたい」と、ハカルワカル広場では八王子中央診療所の山田真医師からヨウ素剤の提供を受け昨年11月に自主配布会を行いました。しかし、一部の子ども、住民だけが予防薬を持っているのではなく、全市民に持ってもらいたいと考え、八王子市に請願を出しました。

請願に賛同の署名をぜひお願いいたします!

ただ、大変申し訳ありませんが、市議会の事情があり、第1次締切が3月4日(月)(ハカルワカル広場の締め切りは2月28日(木))、第二次締切が3月13日(水) (ハカルワカル広場の締め切りは3月13日(水)) となっております。私達が不慣れなためこのように急がせることになってしまいましたがなにとぞご理解くださいまして、ご協力をよろしくお願いいたします!

賛同の署名をいただける方は(八王子市以外の方も署名できます)下の署名用紙にお名前と住所を記入のうえ(お知合い、家族の方の署名もいただけると助かります!)、郵送でハカルワカル広場(〒192-0053 八王子市八幡町5-11 八中ビル2階)へ上記の期限までにお送りください。(切手は申し訳ありませんが、各自でお貼りください!カンパでお願いします! 大変厚かましいお願いで申し訳ありません! )

お一人でも多くの署名をいただけることが力となりますので、お知り合いにお声がけいただき、ぜひ、この請願にご賛同の署名をお願いいたします!

ハカルワカル広場

2019.2.24

3月2日お茶会のご案内 講演:ウラニウムから見える「核問題」ヒロシマからフクシマへ

Share Button

 3月2日(土)の定例お茶会は恵泉女学園大学教授上村英明先生をお迎えし、「ウラニウムから見える『核問題』ヒロシマからフクシマへ」という題目でご講演いただきます。上村先生は、一昨年の「わたしの、終わらない旅」の上映の際、「核問題を様々に考える」と題し、ICANの「核兵器禁止条約」についてお話しいただきました。今回も、「平和学」がご専門ですので、「核」の問題をその視点からお話しいただけると思います。

 また、「市民外交センター」を立ち上げ、「武器貿易禁止条約」の草案を各国に送った市民活動家としての実績もお持ちですので、多彩な活動についてもお話しいただけると思います。

皆さまのご参加をお待ちしております。

ハカルワカル広場

2019.2.3